うつ病は家族の理解を得て,適切な治療と適度なリハビリを続ければ治る病気です.
   うつ病のリハビリを始めたら,ストレス・マネジメントを心掛けましょう.
   リハビリ生活にも慣れ,生活リズムが整い,体力もついてきたら,
   アルバイト・リハビリにトライの時期かも(^ω^)

 

TOP > リハビリにトライ > うつ病リハビリ まずはアルバイト 

うつ病リハビリ:応用編 アルバイトにトライ

 筆者の場合,大学院卒業後,そのままうつ病治療に専念してしまったので,まともな就職活動も,普通のアルバイト経験がほぼありません(研究者時代,特殊バイトなら経験しましたが・・・).

 そんな経緯もあるので,自宅でのリハビリで,やる気や興味・関心の回復,体力づくり,規則正しい生活リズム,前向き思考(認知のゆがみの補正)ができたら,社会復帰,ではなくて,社会「進出」が大きな目標になります.ですので,休職中の方には,このページは参考までに読み流していただいて構いません(^ω^) これから新しい仕事にトライする方は,フルタイム職に行く前に参考にしてください.


リハビリ・アルバイトの時期
 先ず,朝はきっちり起きれるようになりましたか? 日中,散歩や運動などで体力を使っても,安定した生活が続けられていますか? 日中,頭を使って集中しても,極端な頭痛・肩こりなど身体症状は出ませんか? 朝起きて規則正しく食事も取り,夜になったら眠るという生活リズムの調整が出来るように心掛けましょう.

 さて,アルバイトの求人雑誌をみても,過度の動悸や緊張は生じませんか?
  ※ただし多少の緊張・ドキドキは,最初は誰にでもあります.
   深刻でなく医師からGOサインも出ていれば,ある程度の心的負荷をかけるのもリハビリです.
 
 これらの項目をクリアして,なおかつ,アルバイトへの意欲が出てきたらリハビリの開始時です☆
 パニック発作に近い緊張や動悸が生じるようなら,もうしばし焦らず心の準備から入りましょう.
 時間を決めてアルバイト情報誌を読み,どんな仕事があるかを下調べするだけでも一歩前進.



 社会復帰の前には,頭の体操も.これは神経を使う【仕事】に戻るときに役立つリハビリです.体力作りと並行して頭の体操をするのが,うつ病の再発予防にもなるでしょう.
 事務系や情報系など資格は多数あります.以前の自分と比べ1〜2ランク下くらいの試験で腕試しとか,受験せずとも通信講座で定期的に勉強をしてみるのも良いでしょう.

【医療・福祉経験者の方のお仕事探し】
●介護の仕事ケア人材バンク
●介護専門の求人・転職情報 カイゴジョブ
●看護師さんの求人・転職情報ならカンゴジョブ


 <リハビリ・アルバイトの頻度・時間
 ★初めてのアルバイトは,短期バイトが良いと医師から言われています.
  理想的なのは,週3〜4日,4〜6時間程度のアルバイトです.
  または,6時間以上のものでも,休日のみのアルバイトでもいいでしょう.
  他にも1〜数日の超ド短期というアルバイトもあるようです.
  アルバイト情報誌やサイトなどで,自分の関心のあるアルバイトを
  探しをしてみましょう.

 ★短期・単発の仕事に慣れたら,,,
  同じアルバイトをフルタイムにしてみる.
  短時間で週5日のアルバイトにスライドしてみる.
  逆にフルタイムで週3〜4日のペースに変える.

 ★フルタイム職に慣れてきたら,,,
  アルバイトから,パートや派遣社員にトライしてみる.
  アルバイトでも,今後導入されるかもしれませんが,
  派遣の方が収入が高くなり,厚生年金や各種保険も適用されます.
  ですが,残業などストレス負荷も高まると思います.
  ペース配分に無理はない?自分と(主治医とも)向き合ってみましょう.








 アルバイトに初挑戦の方,始めは緊張の連続だと思います.でも,初めて(久々)なんですから,失敗しても当たり前.失敗したら,教えてもらって,次に期待すればいいんです☆ 知り合いのリハビリアルバイトぶりを聞いていると,始めてしまえば,勢いもつくようです.アルバイトはあくまで自主トレの場.失敗を繰り返して,多くの社会勉強をする場と思って,思い切って飛び込んでみるのもいいみたいですよ(^ω^)

 ちなみに2007年11月までに筆者は初体験(?)済ませました(苦笑) 月に1〜4日で超ド短期のお仕事にトライしては,単発でも仕事をやり遂げた安堵感と,リバウンドの神経痛・筋肉痛などで寝逃げ休息に入ってます.アドバイスとしたら・・・体力作りが大事.






アフィリエイト挑戦 <= うつ病治療.com   リハビリ目次 => 復職・転職への道